肩こりのメカニズム

人間は進化の過程で二足歩行を手に入れましたが、その代償として、首や腰に負担がかかりやすい体になっています。
姿勢を保つために首から肩にかけての筋肉が緊張し、その結果血行が悪くなって、不快感や張りを感じるのが肩こりです。

肩こりは、筋肉の疲労と血行不良、末梢神経が傷付くなどが主な要因として挙げられます。
ケースにより、1つが要因となる場合や、複数が重なって肩こりを引き起こす場合もあります。

人間の首と肩の周辺には、さまざまな筋肉があり、これらが頭や腕を支えているわけですが、この筋肉は立っているだけで負荷が掛かっている状態です。

肩こり

この状態が続くと筋肉は緊張し、やがて疲労物質がたまり硬くなって血液の循環不良が起こります。
血行不良は、筋肉に十分な栄養が供給されず、筋肉に溜まった乳酸などの疲労物質を排出しにくくなって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。

また、血管の圧迫により末梢神経を傷つけたりするような場合、こりや傷みを引き起こします。
そして、姿勢を保って二本足で歩くため、人間の背骨は緩いS字を描いていますが、衝撃を吸収するクッションの役割を果たす「椎間板」が骨の間にあり、年齢を重ねると、この「椎間板」が徐々につぶれて硬くなり「頸部脊椎症」といわれる状態になります。

これも首や肩の痛み・こりの原因になります。年を取ると起こる「五十肩」は、「肩関節周囲炎」と呼ばれることもあり、腕を体の後ろに回すことが難しくなります。

腕を上げようと痛みが走りますが、原因がはっきりとはわかっていません。
肩関節周辺の腱が老化、劣化し、結果として炎症が起こっていると一般的には考えられています。

さらには貧血、低血圧、高血圧などの症状も肩こりを誘発しやすくなることもあり、狭心症や心筋梗塞、胃潰瘍などが原因であることもあります。

他には目に関する症状があったり、歯に関わる症状が原因になっている場合もあります。
また、長く続く精神的負荷、心理的ストレスなども肩こりを誘発するといわれています。

 

おすすめリンク

人工肛門用装具・収尿器・創傷保護シートなどの販売
人工肛門

コメントは受け付けていません。

コーヒーショップ人気ランキング

2013年のアンケート結果を見てみると、やはりよく足を運ぶコーヒーチェーン1位は、「スターバックスコーヒー」で約40%、2位に「ドトールコーヒーショップ」で約32%、 3位「タリーズコーヒー」で約14%となりました。

上記は男女問わず行ったアンケート結果ですが、女性を対象にした好きなコーヒーショップのランキングでも、1位は「スターバックスコーヒー」、2位「ドトールコーヒーショップ」、3位「タリーズコーヒー」と上位は変わりませんでしたが、男性のアンケート結果は3位の「タリーズコーヒー」が4位に入り代わりに3位に「コメダ珈琲店」が入るという結果になりました。

人 気の理由について、1位の「スターバックスコーヒー」は、「コーヒーのメニューが豊富」という理由が一番多くて、2位の「ドトールコーヒーショップ」は、 「サイドメニューが豊富で美味しく、価格が安い」という理由が一番でした。

3位の「タリーズコーヒー」については、シンプルに「コーヒーが美味しい」という理由でした。

アンケート結果を見てみると、常に1位のスタバが、味や価格で人気があるとはお世辞にも言い難い。
では、なぜスタバは常に不動の一位の座についているのでしょうか?

実はあのロゴに理由があると言われています。
スタバのロゴは丸い緑色がメインです。

人は森林の色、緑に無性に安心感を感じます。
これは、信号機の青が本当は緑色な事でも証明されています。

つまり、無意識のうちにスタバに対して安心感を抱いているのです。
上記は、心理学的なものなので、実際の事はわかりませんが、女性に浸透したスタバ人気が男性にも浸透したことも大きな要因の一つでしょう。

男性の禁煙ブームのお陰で、食後に一服から、食後にゆっくりとコーヒーへとシフトチェンジされ、男性のスタバユーザーも確実に増えました。
男女共にヘビーユーザーを獲得しているところにスタバの人気の強さが有るのではないでしょうか?

 

おすすめサイトのご紹介

コーヒーはドリップ、エスプレッソマシーンで。そのほか豊富なメニュー。シンプルパッケージの豆販売はプレゼントにも最適。
猿田彦珈琲 恵比寿駅から徒歩5分

コメントは受け付けていません。

不妊症と女性の仕事のしにくさについて

不妊症患者は今や5~6組に1組とも言われる時代ですが、治療と仕事の両立は今の日本ではなかなか難しいのが現状と言われています。
これがなぜなのか、検証してみましょう。

不妊治療はタイミング法というかなり初歩的な治療から、人工授精、体外授精と進みます。

タイミング法に関しては、卵の大きさと位置などをチェックして、排卵検査薬と併用で排卵日を特定し、タイミングを見計らって受精につなげるという治療なので、病院で行うのはエコー検査や尿検査のみです。

これは、これまでの排卵日から排卵日直前をある程度予測し、その予測に基づいて病院に行くだけですし、仕事に行く前や仕事帰りでも治療が可能な範囲内です。

しかし、人工授精は、夫の精子を採取から1~2時間以内に病院に持っていき、女性の子宮内に注入しなければなりません。

これは、確実に女性の排卵日を狙って行う必要があり、前の2日ほどの猶予はあるとはいえ、直前にならないといつ排卵日が来るかわからない上に、夫の精子を病院に運ぶという時間勝負の作業も伴うため、仕事を続けている人は急遽仕事をお休みする場合も多いです。

体外授精は、女性の体にも非常に負担がかかるため、気持ちと体的に仕事どころではなくなる人も多いと言います。
治療前から仕事勤めをしている人でさえ、治療の中盤から「職場へ申し訳なさ」を感じつつ仕事をしなければなりません。

治療前から仕事をしていない人が治療に理解を求めての求職活動となると、やはり理解を示してくれる職場は非常に少ないです。

コメントは受け付けていません。